©Copyright 2015 Muraishi Masayuki ofical site All Right Reserved.
当サイトの閲覧はPC環境をお勧め致します
村石雅行(むらいしまさゆき)
1964年7月19日生まれ
熊本県熊本市出身
血液型A型
東京藝術大学音楽学部打楽器科卒業
中学時代に地元熊本でパンク・ロック・バンドを結成しドラムを始める。
ドラマー神保彰さんのような凄い人がたくさんいると思い、
 
東京藝術大学入学を決意する。大学在学中は「おにゃんこクラブ」「工藤静香さん」「森高千里さん」などのバッキングを
努める。卒業後、プログレッシブバンド「KENSO(1988〜2004)」や葉加瀬太郎さん率いる「クライズラー&カンパニー(1989〜1996)」に参加。1994年、30歳の時に、「松任谷由実さん」のツアーメンバーとして全国ツアーデビュー。
ユーミンサウンドにはなくてはならない存在となる。「椎名林檎さんの全国ツアーに参加(1999〜2000年)」、
“村チン”として親しまれる。林檎ちゃんの名曲『本能』で聴かせた圧倒的・工事現場的ドラミングですっかり虜になった
ファンも多い。
 
ジャズやフュージョンのセッションライブ、TV出演、スタジオワークと精力的にこなす中、2000年6月4日、当時のユーミンバンドのコーラス佐藤有香さんと入籍。結婚報告はユーミン直々コンサートのMCで行われ、ファンそしてスタッフまでも驚かせた。2003年10月5日には待望の長男誕生。
 
2003年、インディーズバンド「the SNUFF ROLL」のアルバムを初プロデュース。自宅地下に構えたスタジオで録音を行うなど、プレイヤー以外の音楽家としての一面もみせる。3枚のアルバムをリリース。2006年7月13日長女誕生。2007年8月禁煙宣言。2007年「アンジェラ・アキさん」の全国ツアーに参加、現在に至る。アンジェラさんは椎名林檎さんの曲を聴いてドラムの音に惚れ、村石さんにラブコールを送ったことを雑誌のインタビューで告白。
 
DREAMS COME TRUE 」や「ポルノグラフィティ」など多くのイベントライブやスタジオワークをハードにこなしながら、2009年からは「スキマスイッチ」全国ツアーに参加の他、シンガーソングライター「森広隆さん」のライブ等にも参加。
現在に至る。
 
2011年4月、ドラムスクール「村石雅行ドラム道場」を東京都内に開校。本格的に若手プロドラマーの育成を始める。